S -最後の警官- ネタバレ あらすじ 感想 1話 トンデモだが面白い




Ads by Google


S -最後の警官- ネタバレ,あらすじ,感想 1話


S -最後の警官-1話ですが「第3のS」と呼ばれる
架空の特殊急襲部隊に所属する警察官を主人公とした
新しい切り口の警察ドラマというのがネタバレです。
今後の放送が楽しみですね。



1

※「SAT」「SIT」に次ぐ部隊として組織されたという設定で、
常に「第3」という形容詞がついて回ります。

これまでに組織されている「S」部隊は、
事件の制圧のためには犯人の生死を問わない
という暗黙の領域があったのに対し、
「第3のS」はあくまで犯人の確保を重視し、
制圧のために犯人を殺害することをタブーとしている点が、
同じ特殊組織でありながら大きく異なる点であるということを、
連続通り魔事件を題材に視聴者に印象づけた感があります。

2

主人公は幼いころ、幼なじみの両親を目の前で
殺害されたトラウマを抱え、周りの人を守ることを決意し、
プロボクサーになった経歴を持つ異色の警察官。
その身体能力を買われての「第3のS」への抜擢なのですが、

3

「事件の制圧のために犯罪者を殺害することはできない。」と
スカウトされた際にはっきり告げています。

このような人物が登用される極めて異例な部隊であるがゆえ、
今後行動を共にする「SAT」との間で葛藤が巻き起こるかもしれませんが、
単なる警察ドラマとしてではなく楽しめるポイントになることは
間違いないと思います。

4

また、すでに発表されていますが、このドラマは映画化が決定しており、
今後はより激しいアクションシーンが多数展開されると考えられますので、
壮大な物語に発展することを期待しています。

5

ドラマ「S -最後の警官-」は、毎週日曜夜9時より放送中です。
お見逃しなく。

以上、S -最後の警官-の1話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。

6


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ