失恋ショコラティエ ネタバレ あらすじ 感想 最終回(11話) 新たな目標に向かって


Ads by Google


失恋ショコラティエ ネタバレ,あらすじ,感想 最終回11話


0

サエコからのリクエスト
「嫌なことを忘れてバクバク食べられる
チョコバー」の制作に行き詰まる爽太。

11

そんな爽太のもとに、突如エレナが現れて
「真剣に付き合いたい」と告白され
出演するコレクションの招待状を受け取るのですが…

2

これまで「爽太と関谷が関係している」と
勘違いし身を引いていた六道でしたが
「エレナのセフレが爽太」であり
「関谷は薫子とメールのやり取りをしている」
という現実をようやく知って
激しいまでの動揺を見せるのでした…

3


薫子も恋愛相談をしている内に
ついにこれまで怪訝な態度を取っていたサエコと打ち解け
関谷との食事のために着ていく洋服を
一緒に買いに行くまでの関係に変化。

31

更には、どのようなメールや態度を
取ればいいのかまでアドバイスされ
すっかり恋愛の師匠として崇めるようになります。

32

ただ、3度目の食事でいきなり自宅に誘う関谷に対して
恋愛から遠ざかっていた薫子はどこまでも挙動不審なのですが…

33

一方、薫子と別れた後、ショコ・ラ・ヴィに
帰宅したサエコは、貧血で倒れ爽太に付き添われ病院へ。

実は家出をする前にすでに妊娠しており
その影響で貧血を起こしていたのでした…

4

3人で一緒に暮らそうと誘う爽太でしたが
サエコは爽太君との事は逃避に過ぎなかったと告白します。

そして、「爽太君だって同じでしょ?
爽太君の好きなのは本当の私じゃなくて
ただの幻想だったんだよね」と

サエコは爽太の心の中までお見通しだった?

本当の自分を好きなわけじゃないと知っていながら
あえて乗ってくれていた様です。

これを機に、サエコの家出は幕を下ろし
生まれてくる赤ちゃんを心待ちにしながら
現実の家庭生活へ戻って行きました。

5

その後、爽太は落ち込んでしまい
ショコ・ラ・ヴィも無期限閉店状態に・・・

しかし、オリビエと店を再開した薫子に叱咤されて
再び約束のチョコバーを作り始めます。

これまでサエコにイマジネーションを
与えてもらって作っていたショコラから卒業し
自立したショコラティエとなるべく・・・

そして、サエコを公園に呼び出して
最後のチョコバーをプレゼントしたのですが
そこにはこれまでの幸せな気分に導いてくれるだけの
魂は宿っていませんでした。

6

これが今の自分だとサエコに告白する爽太。

ただ、ショコラティエとして
新たな一歩を踏み出すために作った作品・・・

爽太は自分の力でショコラを生み出せる
ショコラティエになるために
サエコとは2度と会わないと語ります。

7

そんな爽太にサエコは
「私の方こそ、ありがとう。そんな風に言ってもらえて凄く嬉しいよ。
私、頑張るから、爽太君も頑張ってね!」と答えます。

そして、最後は笑顔で互いに「元気でね」と
言葉を交わして別れたのでした・・・

8

この作品を作ったことで、改めてパリで修業をするべく旅立つ爽太…

エレナとは振られる形で別れることになりました。

爽太が欠席になって空席となった席を見て
ほんの僅かに胸の痛みを感じたエレナ。

でも、ショーの幕が開くと元気一杯の笑顔で演じていました。

9

そして、夫と共に新しく出来たショコラティエの店で
興奮気味にウィンドウに並んだチョコレートを見ているサエコの姿が。

誰がどう見ても幸せいっぱいの夫婦でした。

ハッピーエンドではなかったですが
爽太が幻想の泥沼から抜けだして
新たな目標に向かって旅立つ姿は
格好良かったです。

またいつか、オリビエに店を乗っ取られないように帰国して
爽太の華々しい制作活動する姿を見てみたいものです。

以上、失恋ショコラティエの最終回11話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google

このページの先頭へ