花子とアン 動画 視聴率 143話 生きている証 美里が甲府を逃げ出す


Ads by Google


花子とアン 動画,視聴率??.?% 143話 生きている証


昭和19年11月24日
ついに、東京にも爆撃が始まります。

1

防空壕に避難した花子とももは
無事に英治と旭と再会します。

2

【花子とアン】吉高由里子主演のドラマ動画!

↓↓↓地上波TVのおっかけ配信中↓↓↓
>>>GyaO!の詳しい説明はこちら<<<

動画配信サービス【GyaO!】で
「花子とアン」が視聴できる!


明日死ぬかもしれないと悟った花子。

3

明日死ぬとしたら何がしたいと英治に聞くと
花子の翻訳した本をよみたいと返します。

4

花子は自分の使命は翻訳だと悟り
戦争が終わるのを待たずに
赤毛のアンの翻訳を開始します。

5

そんな折、美里が甲府を飛び出して
東京に帰ってくるのでした。

6

しかし、美里の事を本当に心配したももは
帰ってきた美里の頬を叩きます。

7

美里は花子がジフテリアに感染した事や
東京が攻撃された事で
花子たちが心配になったと訴えます。

8

そんな美里に花子は意を決して
本当の親は旭とももだと告白します。

9

本当は美里が大人になったら話すつもりだったが
いつ戦争で命を落とすか分からないので
今伝える事にしたと花子は語るのでした。

10

話を聞いた美里は無言で
花子と英治の側から立ち去るのでした。

11

赤毛のアンの翻訳に取り組んでいると
かよたち婦人会が花子を訪ねてきて
英語の本を持っている花子に
非国民と叫んで書物を処分しようとします。

12

そこに、吉太郎が訪ねて来て
自分が本を焼き捨てると宣言して
婦人会の前で焼くフリをするのでした。

13

英語の本が命よりも大切だと訴える花子に
吉太郎はもう助けられないと
捨て台詞を言って去るのでした。

14

赤毛のアンの原書と英英辞典だけを残して
翻訳を続ける花子なのでした。

15

昭和20年1月、学徒出陣により軍人になった純平が
特別休暇で1年ぶりに宮本家に帰ってきます。

16

以上、花子とアンの143話、動画、視聴率を紹介しました。
見逃した方はGyaO!なら143話を試聴できますよ。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ