花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 91話 あなたがいる限り はなの両親にご報告w

513


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 91話 あなたがいる限り


お正月に英治を連れて帰省したはな。

2

吉平もふじもはなの結婚相手である
英治の事が気に入って上機嫌なのでした。

3

はなが良い青年と結婚できて良かったと
話す吉平は英英辞典の送り主との恋愛で
はなが苦しんだ事を話すのでした。

4

翌朝、英治は英英辞典を送ったのは自分だと話し
妻がいる身でありながらはなを好きになったと告白します。

5

吉平は亡くなった妻が英治の心に残っているから
はなが幸せになれないと結婚に反対します。

6

はなは亡くなった妻の事も含めて
今の英治を好きになったと反論します。

7

嬉しさや辛さやトキメキも英治に教えてもらったと言って
結婚を認めてくれる様にお願いするはなと
必ずはなを幸せにすると誓う英治。

8

2人の思いを聞いた吉平とふじは
自分たちの時は周造が死ぬ間際まで
結婚を認めてくれなかったと話して
はなと英治の結婚を認めるのでした。

9

花子とアン 感想 91話 あなたがいる限り


英英辞典のことを突っ込まれて
全てを正直に話す事にした英治。

不倫、離婚、元妻亡くなるといった
三重苦の十字架を背負った英治。

話を聞いた吉平とふじは
2人の結婚に難色を示しますが
必死に思いを伝えるはなと英治。

自分たちの時も吉平の破天荒な性格ゆえか
甲府から見える富士山を裏富士と言ってしまった為か
周造が死ぬ間際まで認めてくれなかった事を話すと
2人の結婚を認める吉平とふじが素敵でしたw

以上、花子とアンの91話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ