花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 8話 エーゴってなんずら?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 8話


寄宿生としての生活が始まりました。

1

朝6時に起きてから、朝食、礼拝と
規則正しい生活を送ることになります。

2

女学校での生活に頑張って慣れようとするはな。
しかし、最大の問題は英語でした。

はなは英語がわからないので
西洋人の教師に英語で話し掛けられることに
恐怖さえ感じていました。

3

そして、はなが最も嫌な金曜日は
週に一度のインクリしスピーチday。

外国人教師と出会ったら
すべて英語で話さないといけないのです。

4

はなは外国人教師から逃げ出してしまいます。
そして、本を読みに学校に来たのに
何でこんな思いをしなければいけないのだと
ついに、反抗してしまいます。

5

はなは甲府の家族に手紙を出しますが
悩み元気がない事を母親に見抜かれてしまいます。

7

6

母親からの手紙を受け取って
やさしい気持ちに触れたはなは
思わず涙するのでした。

(母親は字の読み書きができないので
朝市が手紙を代筆したのですが
速記ができるとは朝市有能!)

8

以上、花子とアンの8話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ