花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 79話 ゆれる思い

10


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 79話


まさか自分が道ならぬ恋をしていたとは
思わなかったはな。

1

しかも、宇田川が他社に連載している
逢い引き小説に自分の話した英治との
恋愛話がネタとして使われていましたw

2

ネタを提供した事で約束通り宇田川に
新雑誌「にじいろ」で執筆してもらえる事になり
大喜びの聡文堂の面々。

3

タイトルは「銀河の乙女」で
はなも大満足の出来栄えでした。

4

早速、はなが電話で梶原に報告すると
梶原のチェックも無しに
村岡印刷へ届けて欲しいと言われますw

5

はなは英治に原稿を届けますが
英治を忘れる事ができずに
眠れぬ夜を過ごすのでした。

6

2週間後、郁弥が新雑誌「にじいろ」の
創刊号を聡文堂に届けに来ました。

7

社内で新雑誌の完成を祝いますが
やはり英治は現れません。

8

そんな折、郁弥が英治の妻である
香澄の容態について梶原たちに話しますが
結婚しているとは知らなかった醍醐は
びっくりするのでしたw

9

その頃、英治は香澄のお見舞いに行っていました。

10

宇田川がデレましたー
そして、はなの事をこぴっとお見通してしたねw

以上、花子とアンの79話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ