花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 75話 その恋、忘れられますか?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 75話


かよは知ってしまったのです。
はなの恋は道ならぬ恋だと。

1

翌日、はなが英治の事を好きだと知っているかよは
「あの人はやめた方がいいと思う」と告げます。

2

はなは英治に「忘れてください」と言われたと言い
東京の男は何を考えているのか分からないと語るのでした。

3

はなに宇田川の件でちょっかいを出していた
カフェーの紳士の正体は英治たちの父親の平祐でした。

4

平祐は英治に病気の妻と離縁して
健康な女性と一緒になってはと勧めるのですが
英治は頑なに断るのでした。

5

英治ははなの翻訳した「王子と乞食」の
割り付けを提案しに聡文堂を訪れます。

6

帰り際、はなに続きを楽しみにしている旨を
伝えるのですが、はなは勘違いしてしまうから
優しくしないで欲しいと言うのでした。

7

はなはカフェーで宇田川にネタとなる
恋愛話を催促されていました。

8

仕方なくはなは自分の失恋ばなしを
友人から聞いたと称して話すと
宇田川は進展があったら教えてと言って
そそくさとカフェーを後にするのでした。

9

宇田川が去った後、龍一が訪れますが
続いてもう1人お客がやってきます。

10

よく見ると、憲兵になった吉太郎でした・・・

しかし、宇田川に友だちの話とか言って
自分の不倫話を話してしまうとはw

11

以上、花子とアンの75話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ