花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 74話 その恋、忘れられますか?

11


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 74話


はなは振られたのか?

1

忘れてくださいってどういう意味と悩むはな。

2

聡文堂に出社したはなは
空元気を振りまいて仕事をこなすのですが・・・

3

同僚たちは不自然なほど明るいはなを
そっとしておこうと気づかうのでしたw

4

一方、福岡の蓮子が現実のウサを
読書で紛らわしていると龍一が訪ねてきました。

5

蓮子は誰とも会うつもりはないと女中のタミが伝えると
龍一は蓮子の部屋に押しかけるのですが
袖くらい掴んで止めないと・・・

6

龍一は蓮子に口説きに来たと言って
演劇を通じて今の不平等な日本を変えたいと
脚本を書いて欲しいと依頼するのですが
その前にカフェーでの無礼を詫びるべきですよねw

7

蓮子の詩集を読んで感銘を受けて
すぐに汽車に飛び乗ったと語る龍一でした。

8

夜になって郁弥がカフェーを訪れます。

9

かよが対応して英治の事を尋ねると
郁弥は義姉の見舞いに行っていると答えます。

10

何でも英治と結婚してからすぐに
結核を患っていると語るのでした。

1

かよは知ってしまいました。
はなの恋は道ならぬ恋だと言う事を・・・

2

その頃、英治ははなの翻訳した原稿
「王子と乞食」を読みふけっていたのでした。

3

以上、花子とアンの74話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ