花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 73話 その恋、忘れられますか?

9


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 73話


蓮子の手紙で自分が恋に落ちている事に気づいたはな。
私の心臓はパルピテーションの荒だと
英治に告白するはなでした。

1

雨の中、抱擁する2人でしたが
朝ドラ名物よろしく醍醐に
しっかりと目撃されていたのでしたw

2

翌日、かよははなと英治の間に何かあった事に気が付きます。
かよちゃん世慣れてしまったねぇw

3

はなが出社すると、醍醐が怒りながら後で話があると言い
一緒にカフェーでランチを食べている時
昨日見たことを話してライバル宣言するのでした。

4

午後になって村岡ブラザーズが
編集会議のために聡文堂を訪れました。

5

会議で新雑誌の表紙を選ぶ事になりますが
早速、ここでも恋のバトルが開始されますw

6

はなと英治が選んだ表紙を醍醐も
後出しじゃんけんよろしく選んだり
何かと英治の肩を持つのでした。

7

次に新雑誌のタイトルを決めるのですが
はなが提案した「にじいろ」となりました。

8

編集会議中、はなと英治はお互いを意識しますが
会議が終わると英治はさっさと帰ってしまいます。

9

夕方、はなは英治が帽子を忘れて帰ったことに気が付き
1人会社で待っていると英治が取りに戻って来ます。

10

しかし、はなは英治に昨日の事は
忘れて欲しいと謝られるのでした。

11

ストレートに怒る醍醐さんが可愛すぎますw

以上、花子とアンの73話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ