花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 72話 銀座のカフェーで会いましょう



11


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 72話


鈍感はなは蓮子の残した言葉の意味を
理解できないで悩んでいると
梶原からイギリス本の翻訳を催促されます。

1

1話分を徹夜で仕上げると英英辞典にはさんであった
蓮子からの手紙を見つけるのでした。

2

「辞書の送り主はずっと前からはなの心の中にいたのね
自分の気持ちに素直になりなさい」と手紙には記されていました。

3

はなは自分の夢を支えていたのが
誰なのか気が付くのでした。

4

はなの翻訳した物語「王子と乞食」は
無事に連載される事になりました。

5

英治が原稿を取りに来ますが
どこかぎこちないはなw

6

はなは蓮子に心を読まれていると語り
自分の心の中にはある男性がいると言って
英治に告白するのでした。

7

聡文堂を飛び出したはなでしたが
英治に呼び止められて雨の中で
抱擁を交わす2人なのでした。

8

大雨のシチュエーションが
波乱の恋を予感させる様で
今後の展開が楽しみですw

9

以上、花子とアンの72話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ