花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 71話 銀座のカフェーで会いましょう



7


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 71話


ブルジョワは帰れと帝大生の宮本に言われた蓮子でしたが
大事な友達に会う約束をしてると引き下がりません。

1

宮本が言うのも筋違いなんですが
蓮子の大事な友達であるはなは
宇田川に捕まっていましたが
ようやく聡文堂を抜け出せました。

2

1時間以上も遅刻してカフェーにやって来た
はなでしたが、蓮子は待っていてくれました。

3

10年ぶりの再会をブドウ酒で祝い
お互いにあの頃とちっとも変わっていないと話し
蓮子は女学校時代が一番楽しかったと懐かしみます。

4

そこへ、空気を読んでか読んでないのか
村岡ブラザースがやって来ます。

5

はなは郁弥にイギリス本のお礼を言うのですが
実は英治からはなの気に入りそうな本を
送りたいと頼まれて準備したと告白します。

6

はなに英語への情熱を取り戻して欲しい
英治の計らいなのでした。

7

郁弥が新たに持ってきた原書に夢中になっている
はなを嬉しそうに見つめる英治を見て
蓮子ははなの事が好きでしょと尋ねます。

8

英治はそんな事は断じて無いと言うと
何故か口ごもってしまうのでした。

9

かよの家に泊まった蓮子ですが
次の日の朝には迎えが来ます。

10

蓮子は何かを書き記した紙をこっそり英英辞典に挟むと
はなに素敵な恋をしていて羨ましいと言って
楽しい時間に別れを告げるのでした。

11

以上、花子とアンの71話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ