花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 7話 エーゴってなんずら?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 7話


はなは10歳で故郷の甲府を飛び立ちました。
もちろん、汽車に乗るのも東京に行くのも初めてです。

期待緊張と不安でいっぱいのはな。

1

修和女学校は明治の初めに
カナダの宣教師によって作られた
ミッションスクールです。
生徒の多くは華族や富豪といった
特権階級の人たちばかりでしたが
はなは給付制として特別に入学を許可されました。

2

ただし、一度でも落第点を取ったら
即退学という厳しい条件です。

3

はなは今日からここで暮らすのです。

4

早速、4人部屋に連れて行かれると
お嬢様たちが出迎えてくれました。

5

どうみても身分が違いすぎますよねw
てか、ハリセンボンのはるなもキャストだったんですね。

6

一方、故郷の甲府でははなのことを心配する家族たち。

7

8

早速、本がたくさん置いてある部屋を見つけて喜ぶはなでしたが
置いてある本は英語で書かれているとのこと。

9

こんなところでやっていけるのだろうかと
不安になるはなでした。

10

以上、花子とアンの7話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ