花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 69話 銀座のカフェーで会いましょう



0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 69話


生まれて初めて逢い引きに誘われたはな。
醍醐も一緒に参加することにw

1

英治より先にカフェーに到着すると
醍醐は唐突に英治が運命の人だと言い始めます。

2

最近、よく会う男性が運命の人だと
占い師に告げられたそうで
印刷と出版の仕事は相性が良さそうと
醍醐ははなに理解を求めるのでした。

3

英治がイギリスで印刷技術を勉強していた
弟の郁弥を連れてやって来ました。

4

6年間英語から離れていた
はなの為に郁弥を呼んだそうで
2人は英語で会話をするのですが
郁弥はかよに興味がある様ですw

5

郁弥はイギリスで買った1冊の本「王子と乞食」を
はなにプレゼントします。

6

はなは逢い引きそっちのけで本を読むと
分からない単語が気になって
先に帰ってしまうのですが
英治は嬉しそうなのでしたw

7

次の日、はなは梶原に新しい企画として
イギリスの本を翻訳して連載する事を提案します。

8

醍醐の協力もあり翻訳したものを読んで
判断してもらう事なりました。

9

そんな折、福岡の蓮子からはなに
電話が掛かってくるのでした。

10

以上、花子とアンの69話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ