花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 68話 銀座のカフェーで会いましょう



0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 68話


酔っ払ったはなは甲府では英語を使う機会がなかった事を
英治に説明すると英英辞典を枕にして寝てしまいます。

1

次の日、はなは英治にクダを巻いた事も覚えておらず
かよに酒癖が悪いことを指摘される始末でした。

2

早速、はなは梶原から宇田川の所へ行って
小説の執筆を依頼して欲しいと頼まれます。

3

ライバルの「赤い鳥」に対抗するため
勢いのある宇田川に白羽の矢を立てたものの
梶原たちが小説の連載を依頼しても
引き受けてもらえなくて困っているのでした。

4

勇んで仕事場のカフェーに出向いたはなでしたが
貴方は編集者には向いてないと言われて
あっさり断られてしまうのでした。

5

はなが聡文堂に戻ると英治が訪ねて来ました。

6

お互いに昨日の夜の事を謝ると
英治は歓迎会をやり直しませんかと
はなを逢い引きに誘うのでした。

7

以上、花子とアンの68話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ