花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 66話 グッバイ!はな先生

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 66話


吉平は行商を辞めて百姓になって
ふじの側を離れないと周造に報告します。

1

はなは吉平とふじに本気で夢を追いかけて
東京で本を作る仕事をしたいと打ち明けると
周造も生きてたら応援してくれると
2人は快く送り出すのでした。

2

3月、はなは生徒や先生たちに
見送られて教師生活に別れを告げます。

3

作家として生きることを夢見て
はなは東京へ旅立ちます。

4

周造の死をきっかけに
はなの周りの人たちの人生が
変わり始めるのでした。

5

朝市は結局告白しませんでしたね。
ももとの約束は何だったのかw

6

後、不倫を疑われた美人の人って
霧島れいかなんですね。
もう1回登場しないかな?

7

8

以上、花子とアンの66話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ