花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 65話 グッバイ!はな先生

7


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 65話


吉平が周造にはなの本を読んで聞かせていると
ふじが帰ってきますが、まだおかんむりの様子。

1

そんな折、小学校にサダがはなを訪ねて来て
富士山の話も含めて今まで話した事は
全部嘘だったと告白して謝罪します。

2

はなから事情を聞いたふじは慌てて
吉平が寝泊まりしている教会の図書館に出向いて
いつ表の富士山を見せてくれるのか尋ねます。

3

吉平はここで暮らして甲府が好きになったので
今度はふじに自分の故郷の静岡を好きになって欲しいと頼み
やっと2人は仲直りするのでした。

4

ふじが出て行くと周造は吉平にたんぽぽの目を
読んでもらった事をはなに話します。

5

見つけた夢は夢中になって追いかけろ
この手で自分たちの作れない物を作って欲しい

6

周造ははなに思いを伝えると程なくして
初雪が降った日に息を引き取るのでした。

7

しばらくして、はなは朝市に相談を持ちかけます。

8

東京に行きたいというはなの気持ちを知った朝市は
自分のはなに対する思いを話すことなく隠して
はなの夢を応援して送り出すのでした。

9

以上、花子とアンの65話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ