花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 62話 グッバイ!はな先生

7


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 62話


突如現れた吉平の愛人サダ。
朝市親子も気が気でありませんw

1

彼女は吉平と新潟で知り合って
夫婦のように生活していたそうです。

2

新潟を去る時、古女房とは別れて
必ず迎えに来るからと言ったそうです。

3

その他にも吉平のぬくもりが恋しいとか
吉平から櫛をもらったとか言いたい放題。

4

完全に「クロ」ですねw

5

そこへ、最悪のタイミングで吉平が帰宅しますが
もちろん、家族の雰囲気は最悪です。

6

朝市から事情を聴いた吉平は
サダには夫がいると愛人関係を否定しますが
櫛をプレゼントした事を話すと
フジはブチ切れて吉平を家から追い出します。

7

行くあてのない吉平は徳丸の家に泊まるのでした。

8

次の日は、朝市と相談して
教会に泊まる事になりましたが
はなが鬼の様な表情で
ふじの言葉を伝えに来たのでしたw

9

こういうギャグ回も面白いですね。
朝市怯えてるしw

以上、花子とアンの62話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ