花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 61話 グッバイ!はな先生

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 61話


10月の秋になったある日
東京から梶原がはなの作った物語
「たんぽぽの目」を持って訪ねて
はなを下さいと家族にお願いします。

1

是非、はなには自分の出版社で
働いて欲しいと願う梶原でしたが
はなは決断できないのでした。

2

自分が再び物語を書けたのは
蓮子のおかげと記した手紙と共に
「たんぽぽの目」を蓮子に届けるはな。

3

蓮子の嬉しそうな笑顔がすごく良かったですね。
勢いで娘を修和女学校に入れようとしますがw

4

はなの物語は学校の先生たちにも好評ですが
生徒たちははなが東京に行ってしまうのではと
不安になるのでした。

5

このままでははなが東京に行ってしまうと
朝市が意を決してはなを教会の図書室に呼んで
告白しようとしますが邪魔が入ります。

6

はなが家に戻ると、吉平の愛人が訪ねて来たと
ふじの息が荒く修羅場なのでした。

7

朝市、まだ告白しなかったんですねw

以上、花子とアンの61話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ