花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 60話 乙女よ、大志を抱け!

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 60話


はなは書き上げた物語を
昔アルバイトしていた出版社に持ち込みます。

1

そこへ、はなと共にかつて児童の友で
入賞した宇田川がやって来ます。

2

彼女は今では人気作家となっていました。

3

しばらくすると醍醐がやって来て
梶原は忙しいから明日出直した方が良いと言います。

4

はなはかよの家に泊まる事になりますが
ももが北海道に嫁いだ話になると
はなは何で朝市はももを振ったのか
理解できないと怒り出す始末でした。

5

かよには朝市がももを振った理由が分かるので
思わず口から出かかった言葉を飲み込むのでしたw

6

翌日、はなは出版社に出向くと
梶原がはなの作品を読んでいました。

7

梶原は洗練された平凡は非凡と褒めて
はなの作品は出版される事になったのです。

8

実は児童向けの出版社を新しく作る予定で
独立後の一冊目にはなの作品を載せたいとの事でした。

9

そして、本気で執筆を続けていく覚悟があるなら
東京に出て来て一緒に働いて欲しいと言われるのでした。

10

以上、花子とアンの60話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ