花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 6話 花子と呼んでくりょう!

1


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 6話


3年間の奉公を無事に終えて
長男の吉太郎が戻ってきました。
家族は大喜びですが、父親とは相変わらず
折り合いが悪いようです。

2

母親の父親との馴れ初めを聞いたはな。
回想のでの母親の姿が今と同じに見えるのは気のせい?

3

母親が父親の旅先での話を楽しみにしている事は
自分が本を読むときの気持ちと同じだといいます。

4

ある夜、母親ははなを東京の女学校に
行かせて欲しいと祖父を説得します。

5

はなは祖父にずっと側にいると言います。
しかし、祖父は母親は頑固で一度言い出したら
絶対に引かないと女学校へ行くことを認めます。

6

学校最後の日、何とクラスメイトは机の上に正座!

一見、無知だったはなの事をばかにしてるような光景ですが
はなを送り出す激励シーンに思わず感動しました。

7

1

こうして10歳のはなは故郷を旅立つのでした。

8

9

以上、花子とアンの6話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ