花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 58話 乙女よ、大志を抱け!

3


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 58話


大好きな朝市の心にいるのは
自分ではない事を知ってしまったもも。

1

次の日、ももは吉平に縁談を受けると話します。

2

はなは納得がいかないのですが
ふじはももが自分で決めた事だからと賛成します。
母親ははなと朝市とももの関係をお見通しでした。

3

はなはももが急に縁談を受けると
言い出した理由が分からず
朝市に八つ当りする始末です。

4

鈍感なのはお互い様ですよねw

5

このままで言い訳がないとはなは一計を案じ
朝市を教会の図書室に呼び出すのでした。

6

はなはももに縁談を受ける前に
朝市に会って本当の気持ちを伝えないと
絶対に後悔すると言って図書室に連れて行きます。

7

はなが帰った後、ももは朝市に会って
小さい頃から好きだった気持ちを伝えてから
お嫁に行く事にしたと話します。

8

だから、朝市もこぴっと伝えて欲しいと言って
朝市のはなに対する気持ちを確認すると
安心して北海道に行けると話すのでした・・・

9

以上、花子とアンの58話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ