花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 57話 乙女よ、大志を抱け!

11


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 57話


伝助の炭鉱で爆発事故が起こり
男たちが屋敷に乗り込んできました。

1

男たちは社長を出せと叫び
蓮子が道楽で本を出せるのも
自分たちが苦労しているからだと罵ります。

2

そこへ、伝助が戻ってきて話し合いの場は作るからと
男たちにお金を渡して帰ってもらうのでした。

3

伝助が話もろくに聞かずに
お金で解決した事に納得がいかない蓮子ですが
女中のタミはこの家のやり方だと取り合いません。

4

さらに、妻らしくない事を罵られた蓮子は
タミに手を出しますが叩き返される有り様で
伝助が間に入って止めるのでした。

5

こんな所にいたら頭がおかしくなると
蓮子は文句を言いますが伝助は意に返しません。

6

事故の事を知らせなかったのは
蓮子に余計な思いをさせたくなかった
伝助なりの気づかいだったのかもしれませんが
連様、お可哀想に・・・

7

夕方になり、伝助が蓮子に詫びようとした所
伝助は過労で倒れてしまいます。

8

タミが看病しようとしますが
蓮子は自分がやると言って部屋から追い出し
徹夜で看病を続けるのでした。

9

翌日、伝助の容態は良くなり
蓮子が看病してくれた事に驚き
たまには倒れてみるもんだとお礼を言うのでした。

10

伝助と蓮子、価値観の違う2人が
初めて歩み寄れた瞬間かもしれませんねw

1

蓮子の手紙に触発されてはなは
作品を書こうと教会の図書室に籠もりますが
なかなか筆が進みません。

2

夕方になっても戻らないはなを
ももが迎えに行きます。

3

はなは図書室でいつの間にか眠っており
その様子を朝市は子供の様だと見つめます。

4

はなにやさしく接する朝市を目撃したももは
朝市ははなが好きな事を悟るのでした。

5

以上、花子とアンの57話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ