花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 56話 乙女よ、大志を抱け!

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 56話


はなの計画で合同パルピテーション会が開催され
何故かたけし様も同席していました。

1

たけし様が小学校の時に起こした
石板事件の話で場は和むのでしたw

2

あの時、朝市はももを泣かした罪を着せられて
はなに石板で殴られて、ひどい目に遭いましたよね。

3

しばらくしてはなは、たけし様を連れて席を離れます。
そして、自分に気があると勘違いするたけし様w

4

程なくして、朝市とももは2人きりで家に戻り
へんてこな茶飲み会は終わったのでした。

5

その様子をはなの手引きで吉平が目撃して
ももは朝市の事が好きだとはなは説明するのですが
吉平は諦めきれない様子なのでした。

6

ある日、はなの元へ9年間も絶交していた蓮子から
手紙と共に一冊の本が送られて来ました。

7

手紙には自分が詩集を出版した事と
いつになったら花子の名前で作品を世に出すのかと
記されていました。

8

手紙を読んだはなは蓮子と過ごした懐かしさと共に
忘れかけていた物語への情熱が蘇るのでした。

9

その頃、蓮子は伝助が隠し事してる事に気が付きますが
新聞を読むこともできませんでした。

10

屋敷に出入りしている記者の黒沢に
何があったのか尋ねると
炭鉱で爆発事故があり
伝助が対応に追われている事を
初めて知るのでした。

11

以上、花子とアンの56話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ