花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 55話 乙女よ、大志を抱け!

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 55話


最初に生徒を送り出してから4年が経ち
今ではすっかり先生らしくなったはな。

1

軍隊に入った吉太郎は家には戻らず
志願して憲兵になりました。

2

ある日、吉平が縁談話をお土産に
家に戻ってきました。

3

はなは縁談はこりごりといますが
吉平はももへの話だと切り出します。

4

何でも一家で北海道に移住するらしく
縁談相手の森田は熱い心を持った青年とかで
吉平はたいそう気に入ったのでした。

5

吉平はこれからは金持ちも貧乏人もいない
北海道の時代だと言うのですが
ももは乗り気ではありません。

6

家族と離れて暮らすのも嫌だが
結婚するなら好きな人が良いと言います。
はなはももの好きな人は朝市だと気が付きます。

7

何とかももと朝市をくっつける方法はないかと
考えるはなは徳丸に相談しますw

8

すると、茶飲み会でもやればとアドバイスされ
たけし様が招待してくれる事になりました。

9

さっそく、朝市も来るからとももを誘うはな。

10

今で言う合コンを行う事になったのですが
どうなることやら楽しみですねw

以上、花子とアンの55話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ