花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 5話 花子と呼んでくりょう!

1


Ads by Google




花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 5話


高熱を出して病院に担ぎ込まれたはなですが
何とか熱も下がって元気になりました。

2

はなの所へ朝市がお見舞いに来ました。
しかし、自分のことはなと呼ぶ
朝一に対して不機嫌になります。

4

辞世の句を読んで自分は生まれ変わったんだ。
だからこれからは花子と呼んで欲しいと。

5

そんな折、朝市の母親がやって来て
朝市が教会に忍び込んで捕まった事を
はなの母親に告げます。

6

そんな折、教会の牧師がはなの家にやって来ました。
はなを東京の女学校に行かせたい父親は
辞世の句を見せて家族を説得して欲しいと頼みます。
しかし、華族や富豪ばかりの女学校に
生まれも育ちも大きく違うはなを
通わせる事に牧師は難色を示します。

7

その夜、はなは母親に教会に忍び込んだ事を告白します。

8

そして、本当は女学校に行って
本をいっぱい読みたい事を告白するのでした。

9

以上、花子とアンの5話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ