花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 49話 はな、お見合いする

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 49話


はなにお見合いの話が舞い込んできました。

1

相手は徳丸家と肩を並べる地主の倅で
縁談がまとまったら、かよの借金も
肩代わりしてくれるそうです。

2

家族たちも朝市以外は乗り気で
しぶしぶ見合いをすることになったはな。

3

お見合い相手の望月は好青年でした。

彼はぶどう酒作りを任されていて
勉強のために海外に行く予定だそうです。

5

はなが嫁いだら教師はやめて欲しいが
使用人もいるから家事や育児はやらなくても良いと
見合い話を持ってきた徳丸は紹介します。

4

朝市の母親は何を迷う事があるのか
結婚したら家族も安心するし暮らしも楽になると
縁談を受ける様にはなを説得します。

6

はなも望月は良い人だと思うし
自分には勿体無い話だと言いますが
どこか乗り気ではないのでした。

7

お見合いから数日後
いつもの様にはなが授業をしていると
廊下に怪しい男がいると生徒たちがざわつきます。

8

何と、4年間行方不明だった父親が
学校にやって来てはなは驚くのでした。

9

地主とのお見合いと聞いて
はながたけし様を想像して
嫌がる様子が何とも面白いです。

10

そして、朝市もはなのお見合いが
気になっている様子ですねw

以上、花子とアンの49話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ