花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 48話 想像のツバサ?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 48話


授賞式にやってきたはなですが
久しぶりの都会の雰囲気にのまれ気味です。

1

村岡が乾杯しようとブドウ酒を持ってきますが
ブドウ酒には嫌な思い出があるので断るのでした。

2

2人は間が悪くて困っていると
醍醐とかよがお祝いに駆けつけて来ました。

3

かよは綺麗な着物を着ており
良い奉公先で良かったと私やはなも一安心。

4

醍醐とかよは東京に出てきて小説家になればいいと
はなを説得していると梶原がやってきます。

5

梶原は個性的ではあるが普通すぎるので
はなが小説家になるのは難しいと語るのでした。

6

はっきり言われてショックだったのか
受賞のスピーチの場でも1回きりの思い出にすると
謙虚に語るはなでした。

7

スピーチの後、はなはペンネーム「花子」を
変えたのは醍醐だった事を知るのでした。

8

安東はなの方がはなさんらしくて
女学校のみんなにも気づいてもらえると思っての
気遣いでしたが気が利きすぎた様ですね。

9

はなは村岡に早とちりで責めた事を謝って
花子にこだわる理由を話して
現実のはなに戻ると言います。

1

すると、村岡は花子になるべきだ
貴方は十分変な人だと言って
またナマケモノに例えて励ますのでした。

2

そして2人は笑顔で別れるのでした。

3

以上、花子とアンの48話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ