花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 47話 想像のツバサ?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 47話


7月も終わりに近づいたある日
はなが児童雑誌に応募した「みみずの女王」が
入賞した事が分かりました。

1

家族たちは大喜びで物語を聞かせてもらいますが
はなはペンネーム「花子」が「はな」と
書き換えられている事に納得できません。
巻末を確認すると村岡印刷の名がw

2

一方、吉太郎は徴兵検査の甲種に合格して
冬に入営することが決まりました。
しかし、家族たちは複雑な思いでした。

3

九州の蓮子もはなの入賞を知って大喜び。
さっそく、お祝いの手紙を書くのですが
自分からひどい別れ方をした事を思い出し
手紙を出す資格がないと手紙を捨てるのでした。

4

はなは授賞式に出席するため東京に来ていました。

5

そして、会場で村岡に会うとはなは
名前を「花子」から「はな」に変えた事を責めますが
村岡には覚えがない事で困惑するのでした。

6

はなのすねてる顔がちょっと可愛いかもw

7

以上、花子とアンの47話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ