花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 44話 想像のツバサ?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 44話


新任初日に教師失格の烙印を押されたはな。
家族からも教師に向いてないのではと
心配される有り様でした。

1

2日目は富山先生や白鳥様になりきって
何とか先生らしく授業を進める事ができました。

2

昼食時、みんなはご飯を食べていますが
たえは昔のはなの様に空に浮かんだ雲を眺めて
空腹に耐えているのでした。

3

その様子を不思議がる生徒たちにはなは
想像の翼を広げていると説明するのでした。

4

自分の事を理解してくれて喜ぶたえに
はなは自分の弁当を渡すのでした。

5

しかし、本多に目撃されていて
先生がお気に入りの生徒を作って情けをかけるのは
生徒のためにならないと咎められるのでした。

6

本多の話が終わった直後に
朝市がはなの所に駆け寄ってきます。

7

たえが男子に想像の翼があるなら
屋根を渡れるはずだとからかわれて
屋根の上に登ってしまったのでした。

8

その光景を目撃したはなは驚いて
たえに代わって屋根を渡り始めます。

9

はなはすぐに転げ落ちてしまいましたが
朝市にキャッチされて大怪我は免れました。

1

次の日、はなが教室に入ると黒板には
朝市との相合傘が描かれているのでした。

2

しかし、一筋縄ではいかない生徒たちで
はなの苦労は今後も続きそうですね。

以上、花子とアンの44話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ