花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 43話 想像のツバサ?

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 43話


4月から母校の阿母尋常小学校で
朝市と共に教師として働く事になったはな。
当時、はな達の担任だった本多は
校長に出世していました。

1

しかし、女性が教師でしかも英語が話せる事に
偏見を持っている先生もいるのでした。

2

はなは6年生の担任を任される事に。
生徒たちははなが話す東京の言葉が
珍しくて仕方がない様子でした。

3

しかし、生徒たちは静かに授業を受けてくれず
困ったはなは、急遽、野外授業を行う事に。

4

一方、はなと生徒たちが教室から
いなくなった事に先生たちは大騒ぎ。

5

そこへ、英語を口ずさみながら
はなと生徒たちが帰ってきました。

6

たえの想像の友達のカッパを探しながら
英語の挨拶を教えるという授業で
生徒たちは大喜びなのでした。

7

本多は教師失格だと怒るのですが
生徒たちの心は掴めたはなでした。

8

以上、花子とアンの43話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ