花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 42話 さらば修和女学校

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 42話


卒業が間近に迫った3月

はなは母校の阿母尋常小学校に
代用教員として採用される事になり
朝市と教壇に立つことなりました。

1

一方、醍醐は結婚相手といても
パルピテーションを感じないとの理由で
結婚を破談にしたのでした。

2

そこで、はなが出版社の向学館を紹介して
無事に就職が決まるのでした。

3

そして、かよは茂木の紹介で
洋服屋で針子見習いとして
働いているのでした。

4

5

そして迎えた卒業式。

はなは富山の計らいにより
卒業式でブラックバーン校長のスピーチを通訳する
大役を務める事になりました。

7

いつか人生を振り返って
女学校時代が一番良かったと思うなら
私たちの教育は失敗という事。
人生とは進歩であり、最上は未来にあり
今はその準備期間でしかない。
希望と理想と共に人生を進んで欲しいと。

6

見事に大役を果たしたはなは
ブラックバーン校長、茂木、富山たちと
別れの挨拶を交わして
女学校を後にするのでした。

8

でも、白鳥様がオチだとはビックリしました。
白鳥様の正体が判明して面白かったですw

9

10

以上、花子とアンの42話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ