花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 4話 花子と呼んでくりょう!

16


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 4話


沼に落ちたはなと朝市、迫り来る追っ手。
先に行けと言われて朝市を置いて逃げるはな。

1

ずぶ濡れのまま、はなは家に戻ってきました。
この事が後で大変な事を引き起こします。

2

朝市の事が気になりつつも
はなは奉公先へ旅立つことなりました。

3

3年間、奉公先で働くそうです。
笑顔でみんなに別れを言うはなは
とても健気で心打たれましたよ・・・

4

しかし、迎えのものが来て一言。
奉公先は力仕事ができる男の子を望んでいました。

5

はなが奉公先へ行かなくても良くなった。
安心したのもつかの間、引き上げられる米俵を見て
長男が奉公先へ行くと言い出します。

6

ここへきてまさかのどんでん返し。
はなにしろ長男にしろ自分で勝手に決めるんですねw

7

涙で見送るはなと家族たち・・・

8

そして今度ははなが熱を出して倒れてしまいます。

9

はなは朝市を置き去りにしたバチだと思っていました。
はなの熱は2日経っても下がらず
熱で幻覚にうなされます。

10

ようやく風来坊の父親が帰ってきます。
でも、長男のことには全く触れません。
それでいいのかいw

11

自分の死期を悟るはなは
辞世の句をしたためます。

13

そして家族に別れを言って倒れます・・・死亡?
で、落ちですが、病院に担ぎ込まれます。

12

なんで最後はギャグ展開なの?

以上、花子とアンの4話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ