花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 35話 腹心の友

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 35話


九州の石炭王とのお見合いの後
急に蓮子ははなの実家に行きたいと言い出します。
蓮子が人生の曲がり角に来ている事を知らないはな。

1

家族総出で蓮子を迎えますが
まず、美貌にびっくり
そして、伯爵家のご令嬢という事でびっくり
吉太郎は蓮子に見とれる有り様ですw

2

蓮子がほうとうを美味しく頂いていると
噂を聞きつけた徳丸親子がやって来て
今夜は我が家に泊まって欲しいと言いますが
蓮子はここで枕を並べて寝ることを
楽しみにしていると毅然と断るのでした。

3

帰っていく徳丸親子を見送って
してやったりの一同でした。

4

吉太郎ははなにも20歳になったら
兵隊になる事を告げるのでした。

5

皆が寝静まった後、蓮子とはなの母親の2人。
はなの母親は蓮子が思い悩んでいる事を見抜いていました。

6

蓮子は母親は芸者だったが
生まれてすぐに父親に引き取られたので
顔も知らないと身の上話をします。
7

はなには優しい母親がいて羨ましいと話すと
貴方はもううちの家族だと励まします。

8

自分の事をお母さんと呼んで欲しいとの言葉に
思わず涙する蓮子なのでした。

9

それにしても、徳丸親子は
絵に書いたような失礼な一家ですねw

以上、花子とアンの35話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ