花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 34話 腹心の友

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 34話


九州の石炭王・伝助とお見合いをした蓮子ですが
結局、最後まで一言も話しませんでした。

1

伝助も一言も話さなかったのですが
言葉が訛っているから馬鹿にされると思って
黙っていただけで、蓮子の事を気に入っていました。

2

久しぶりにはなの父親が東京に戻ってきましたが
社会運動家の先生が警察に捕まったのを目撃して
慌ててその場を立ち去ります。

3

はなは本科が終わった後の
進路について悩んでいました。

4

そして、久しぶりに東京に戻ってきた父親と
夜、門の前で会って、学校生活の事を話すはなですが
父親はしばらく会えないと告げるのでした。

5

一方、蓮子はお見合いが終わった後
兄の葉山伯爵の家に泊まりますが
すでに、蓮子を必ず説得するという約束をして
結納金を受け取った事を聞かされるのでした。

6

寄宿舎に戻ってきた蓮子は
はなの実家に行ってみたい
ご両親にも会ってみたいと言い出します。

7

突然のお願いに「うちボロ家だからびっくりするよ」と
戸惑うはなでしたが、実家に電報を送って知らせます。

8

実家ではお嬢様が遊びに来るという事で
大慌てで準備をするのでした。

9

最後の思い出を作りの為に
はなの実家に遊びに行くなんて
蓮子の境遇に泣けてきますよ・・・

以上、花子とアンの34話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ