花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 32話 腹心の友

12


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 32話


すでに富山先生の逢引きの噂は
醍醐によって女学校中に広まっており
さらに、醍醐は新たな情報も入手していました。

1

かつて、富山先生ははなのバイト先である
編集長の梶原と大恋愛をしたそうです。

2

しかし、家同士の事情もあって
男性は親が決めた令嬢と結婚して
後に離婚したそうです。

3

一方、はなのアルバイト先に
辞書を取ってくれた村岡が
原稿を取りに来ました。

4

しかし、翻訳原稿を確認すると
分かりにくいと注文を付けます。

5

そこで、はなが試しに翻訳してみると
村岡から分かりやすいとの評価を得て
本格的に翻訳の仕事を任される事になりました。

6

小間使いから翻訳者になった事を喜んだ蓮子は
ペンネームを「花子」にすれば良いと薦めます。
自分は「白蓮」にして恋の歌を読むと。

7

だがその日、葉山伯爵が面会に訪れます。
蓮子に会いに来た理由とは・・・

8

以上、花子とアンの32話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ