花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 30話 波乱の大文学会

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 30話


舞台の幕が上がって物語が始まります。

1

蓮子は家の都合によって結婚を迫られる
ジュリエットを自分の立場と重ね合わせて演じます。

2

投げかける様にセリフを言いながら
強い視線を向ける蓮子に
葉山伯爵は面白くありません。

3

ロミオとジュリエットが大円団を迎えると
富山が真っ先に拍手を送るではありませんか。

4

はなは心から蓮子を労うのでした。

5

最後に葉山伯爵ははなによって
背中にいたずら書きをした紙を貼り付けられて
生徒や父兄たちに笑われます。

6

ささやかな復讐を遂げた2人は
笑いながら走ってその場から去るのでした。

7

以上、花子とアンの30話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ