花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 28話 波乱の大文学会

8


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 28話


完成したロミオとジュリエットの脚本を
蓮子に手渡して主役をやるかどうかの決断を迫るはな。

1

その一部始終はまた醍醐に目撃されていて
脚本を先に蓮子に読ませた事に対して嫉妬。

2

私より蓮子の事が好きなのと百合展開になり
はなにジュリエット役をやって欲しいと告白しますw

3

突然の醍醐の告白にはなが戸惑っていると
白鳥様が私が一肌脱ぐと立候補するではありませんか。

4

引きつる2人の顔が実に面白いですよw
百合展開と白鳥様が見所だとは思いませんでした。

5

やる気満々で稽古に励む白鳥様。
一同、ドン引きというか怯えています。

6

醍醐への演技指導にも熱が入る白鳥様。
ああ、かわいそうな醍醐・・・

7

そんな時、ロミオとジュリエットの脚本を読んで
感動した蓮子が稽古場にやって来て
これからは真面目に練習すると宣うのでした。

8

甲府では吉太郎が兵隊になるつもりである事が
母親たちに知られるのでした。

9

熱心に稽古に励む蓮子を見てはなは
昔、蓮子はジュリエットの様に
望まない相手と結婚をさせられたのではと勘付きます。

10

そして、自分が望まない相手と結婚させられた事を想像して
ショックのあまりたけし様を拒絶するのでしたw

11

以上、花子とアンの28話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ