花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 27話 波乱の大文学会

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 27話


はなに復讐を手伝って欲しいと頼む蓮子。

蓮子は自分を女学校に幽閉することで
世間から消そうとする一族を憎んでいました。

1

嫁いだ先から離縁されて戻ってきた蓮子は
葉山家の恥さらしという事でした。

2

だから、演劇で主役を演じることで
自分がここにいる事を知ってもらい
世間体を潰したいと告白するのでした。

3

最後に演劇が成功しようと失敗しようと
どうでもいいと言う蓮子に対して
「何でそんなにひねくれてるのかな」と
思わずはなはつぶやいてしまうのでした。

へそを曲げた蓮子は稽古に来なくなりました・・・

4

甲府では吉太郎が甲府連隊の軍隊長に
兵隊にして欲しいと志願します。
しかし、20歳の兵役検査までは
親孝行に努めるように促されるのでした。

5

一方、はなの父親である吉平は
社会主義活動にのめり込んでおり
吉太郎とは逆の方向に突き進んでいるのでした。

6

そして、ロミオとジュリエットの脚本が完成します。
徹夜明けのはなは蓮子と鉢合わせしました。

7

そして、挑戦状の様に脚本を蓮子に渡して
やるかどうか判断して欲しいと告げるのでした。

8

以上、花子とアンの27話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ