花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 25話 波乱の大文学会

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 25話


大文学会に向けて活気づく修和女学校。

1

大文学会にはステキな殿方もやって来るとあって
生徒たちは良縁を掴むチャンスと大張り切り。

2

しかし、はなは気後れしていました。
貧しくて舞台の衣装を作る事ができず
家族も呼べないからでした。

3

大文学会で行われる演目は
ロミオとジュリエットを上演する事になり
はなが翻訳して脚本を書く事になりました。

4

ところが、富山はロミオとジュリエットを
上演する事に反対します。

5

生徒たちが富山に食い下がっていると
ブラックバーン校長が教室に入って来て
生徒たちの意見を尊重すると言います。

6

恋愛に拒否反応を示す富山先生ですが
茂木は理由を知っている様です。

7

そして、配役の相談が始まり
ジュリエット役は醍醐に決定。
しかし、ロミオ役には誰も立候補しません。

8

男役で主役などやったら
目立ちすぎて破談になったら困るという意見も。

9

すると、何を思ったか蓮子がロミオ役に立候補。
皆ビックリ、醍醐の表情もすごくて面白かったです。

10

0

以上、花子とアンの25話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ