花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 22話 嵐を呼ぶ編入生

1


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 22話


はなと父親の騒動の一部始終は
醍醐に目撃されていた為
父親がはなをぶった事は
すぐ、ブラックバーン校長たちに報告されるのでした。

0

父親はブラックバーン校長にはなの飲酒の件を
土下座して謝罪しますが
ブラックバーン校長は自分が一旦預かる事を伝えるのでした。

2

そんな折、蓮子の兄である
葉山伯爵が女学校を尋ねます。

3

早くも問題起こしている蓮子に対して
ここを追い出されたら居場所はないと
忠告して去るのでした。

4

はなが1人で部屋にいると
茂木先生がかよからの手紙を持って来ました。
そして、自分も苦労して師範の資格を取ったので
今のはなは昔の自分の様だと励ますのでした。

5

かよからの手紙には製糸工場での辛い仕事のことや
はなの事を考えて仕事を頑張っているから
また、女学校の話を聞かせて欲しいと
書かれているのでした。

6

手紙を読んだはなは意を決して
蓮子の元へ向かうのでした。

7

かよちゃんの働く製糸工場が
ブラックすぎて泣けてきます・・・

以上、花子とアンの22話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ