花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 21話 嵐を呼ぶ編入生

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 21話


酔っぱらって夜中に歌を歌っていたはなは
先生たちに見つかってしまいました。

1

目が覚めるとブラックバーン校長たちが
はなを覗き込んでいました。

2

はなは蓮子の部屋でブドウを搾った滋養の薬を飲み
それ以降の記憶はないと主張します。

3

しかし、蓮子ははなが勝手に
ぶどう酒を飲んだと反論します。

4

醍醐たちクラスメイトは蓮子に
はなが退学にならない様に一緒に
ブラックバーン校長に掛けあって欲しいと頼みますが・・・

醍醐さん達は優しいねぇ

5

その頃、父親は東京で行商をしていましたが
修和女学校で甲府から出てきた生徒が酒を飲んで
大騒ぎになっているとの噂を聞きつけます。

6

父親は女学校に行って
はなから事情を聞きますが
悪い事は悪いと言ったきり
泣いてしまうのでした。

7

生まれて初めて父親にぶたれたはなですが
それ以上に父親の涙にショックを受けていました。

8

そんなはなの姿を見た私も
ショックを受けてしまいました。

以上、花子とアンの21話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ