花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 20話 嵐を呼ぶ編入生

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 20話


はなは厄介な役目を背負うことなりました。
ブラックバーン校長から蓮子の世話係を言い渡されたのです。
はなが選ばれたのは蓮子のご指名だそうです。

00

蓮子の高飛車な態度に
富山先生は不満を言いますが
ブラックバーン校長たちは様子見の構えです。

1

3

早速、蓮子は白鳥様と衝突したり
授業を途中で抜け出したりと
はなは世話を焼くはめに。

2

その頃、朝市は決断をします。
師範学校を受けて教師になると。

5

本を読むため教会に通い続けていた朝市。
自分の進みたい道を見つけたようです。

6

女学校で勉強を頑張るはなに
影響された感じが良いですねw

7

夜、毛布を届けたはなは懐かしい
甲府のブドウ畑の匂いに気が付きます。

8

すると、蓮子はぶどうを搾った薬だと
グラスに注いではなに勧めます。

9

実は薬はぶどう酒でしたので
はなは酔っぱらってしまいました。

10

そして、夜中に歌を歌って騒ぎ出す所を
みんなに目撃されるのでした。

11

将来、はなは飲兵衛になるのかな?
豪快な飲みっぷりでしたね!

以上、花子とアンの20話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ