花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 19話 嵐を呼ぶ編入生

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 19話


4月の桜が咲き乱れる頃
1人の編入生がやってきました。

1

校庭で出会ったはなに
荷物持ちをさせて
先生たちにも高飛車な態度で
ただ者ではない様子です。

2

はなを唖然とさせた葉山蓮子。
何でも葉山伯爵の妹らしく
着ている着物も高価な物で
部屋も個室が用意される有り様。

3

早速、授業で波乱が起こります。

ロミオとジュリエットの愛を語る場面での
富山先生の英語の授業の進め方に異議を唱えたはな。
場の雰囲気が張り詰めます。

4

そんな中で蓮子は自分の恋愛経験が乏しいから
男女の恋愛を汚らわしいと考えているのだと
富山先生を煽って退出を言い渡されます。

5

でも、蓮子は24歳と
他の生徒たちより8歳も年上で
何故、修和女学校にやってきたのか
理由は明かされないのでした。

6

問題児扱いのはな、図星をついた蓮子
そして、ブレない冨山先生w

以上、花子とアンの19話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ