花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 16話 初恋パルピテーション!

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 16話


5年ぶりに甲府に帰郷したはな。

すっかりあか抜けたはなの姿に
家族や朝市も驚くのでした。

1

晩御飯でははなの好物が並びましたが
父親が女学校での食事の話をすると
はなは申しわけない気持ちになるのでした。

2

はなはかよに修和女学校に
一緒に通わないかと誘いますが
激しく拒絶して部屋を後にします。

5

大人かよ役は黒木華なんですね。
今年のベルリン国際映画祭で
最優秀女優賞を受賞された方です。

4

翌日の朝、はなは水汲み場で朝市と会います。

家族との間に何とも言えない溝があると
朝市に本音を漏らすはな。

6

朝市ははなには内緒にしてくれと
口止めされていたけれどと前置きして
かよが年明け早々、製糸工場で女工として
働きに行くことを明かすのでした。

7

妹思いのはなにとっては辛い真実ですよね。
話を聞いたはなの立ち振舞が気になる所です。

3

それにしても、生活観のギャップがあって良い感じでしたね。
後、父親の空気読めない感じがw

以上、花子とアンの16話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ