花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 142話 生きている証 花子ジブテリアに感染


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 142話 生きている証


1944年9月、2学期が始まり
甲府の国民学校に通い始めた美里と直子。

1

花子は数日過ごした後
別れが辛くなるからと東京に戻ります。

2

直子は友達が出来て甲府の生活に
慣れた様ですが、美里は花子と一緒に
東京に戻りたいと訴えるのでした。

3

花子は手紙を書くからと美里を説得して
吉平とふじに2人を預けるのでした。

4

東京に戻った花子でしたが
ジフテリアに掛かって倒れてしまいます。

5

花子が病気になったという知らせは
すぐに甲府に届きます。

6

花子を心配させまいと美里は甲府での
学校生活に馴染めていないのに
花子に楽しくやっていると
嘘の手紙を書くのでした。

7

ある日、美里がクラスで東京者と
からかわれて泣いていたと
朝一に連れられて帰ってきて
ふじに慰められるのでした。

8

一方、障子越しにしか会えない寂しさを
手紙で花子に伝える英治なのでした。

9

2ヶ月がたち、花子の病気も良くなってきたある日
ついに、東京が空襲に襲われるのでした。

11

花子とアン 感想 142話 生きている証


何かよくある話のような気がしますが
美里ちゃん可愛そうですね。

一方、花子はジフテリアに感染してダウン。
英治と花子の愛の小話が良かったかも。

東京が空襲に襲われてしまい
いよいよ花子たちの身も危なくなり
ドキドキハラハラの展開が見どころです。

以上、花子とアンの142話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ