花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 134話 アンとの出会い 龍一が連行される


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 134話 アンとの出会い


吉太郎の忠告が気になった花子は
翌日、宮本家に電話して2人の無事を確認。

1

花子は今日の午後に
きんつばを食べようと言って
蓮子たちを家に誘います。

2

たしなめる英治に、家に呼ぶなとは
言われてないと開き直る花子。

3

蓮子たちが村岡家に出かけようとしたその時
吉太郎率いる憲兵が踏み込んで来ました。

4

龍一が和平工作のため仲間と中国に渡る計画を
立てていた容疑で連行されます。

5

家中が憲兵たちに調べられ
蓮子や富士子たちは動揺しながら
様子を見守る事しかできませんでした。

6

一方、蓮子が家に来ないことを心配して
電話をかけるものの繋がらず
花子は英治と一緒に宮本家を訪ねます。

7

蓮子から吉太郎たち憲兵が
龍一を連行したと聞かされ
吉太郎に何か話したのかと花子は問い詰められ
そして、浪子に閉め出されてしまうのでした。

8

花子とアン 感想 134話 アンとの出会い


吉太郎たち憲兵団が宮本家に押しかけ
龍一は連行されてしまいました。

当然、宮本家の面々とは顔見知りな訳で
家族がいるのに何をしているのだと
部下に気づかれない様に
龍一に食ってかかる場面が
人情味があって良かったかな。

そして、父親が連行される姿を見て
目を背ける純平が何とも言えません。

自分の父親は国賊なのかと訪ねる純平に対して
何も答えられない蓮子がいい感じでした。

以上、花子とアンの134話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ