花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 133話 アンとの出会い ブラックバーン帰国


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 133話 アンとの出会い


1938年夏、宇田川は従軍記者として
中国に向かう事になりました。

1

国民の士気を高める記事を
どんどん送ると抱負を述べる宇田川。

2

醍醐も従軍記者に憧れている事を告白。

3

一方、蓮子が今も恋愛を書いていると知り
宇田川は色恋より作家としてお国のために
何ができるか考えるべきだと訴えます。

4

さらに、子供たちの夢を守りたいと語る
花子にもこの戦時下でも夢かと噛みつく始末。

5

戦争一色の場に耐えきれない蓮子は
タイムを後にするのでした。

6

ある日、ブラックバーン校長と
スコット先生が村岡家を訪ねます。

7

ブラックバーン校長がカナダに
帰国することになったのです。

8

この先、国と国とがどうなるか分からないが
私たちは永遠に友達だと
花子に別れを告げるのでした。

9

夜遅く、花子が仕事に没頭していると
突然、吉太郎が村岡家を訪ねます。

10

しばらくの間、蓮子の家に近づくなと
言い残して足早に立ち去るのでした。

11

花子とアン 感想 133話 アンとの出会い


日中戦争が進む中、面々の人生が
またしても変わっていきます。

宇田川はペン部隊として
お国のために尽くす道を選びます。

一方、ブラックバーン校長が
カナダに帰国する事になりました。

大恩師との今生の別れとなり
夢を引き継いで欲しいと頼まれた花子。

どのような形で実現することになるのか
最終回あたりが見どころでしょうか?

以上、花子とアンの133話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ