花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 13話 初恋パルピテーション!

0


Ads by Google



花子とアン ネタバレ,あらすじ,感想 13話


はなが女学校に編入して5年が経ちました。

ルームメイトたちは素敵な結婚相手に
巡り会いたいと会話に花を咲かせている横で
英語の本を読むのに夢中になる有り様です。

1

すっかり皆と同じような言葉使いで
話せるようになったはな。

2

手紙も東京の言葉に変わっており
家族の少し寂しそうな感じが伝わって
何とも良かったです。

3

苦手だった英語も今では学内トップの成績で
富山先生の英訳にも疑問を抱く程の実力です。

4

そして、はなが苦手としていた白鳥さんは
卒業後も職員として学校に残っており
お局様的な扱いとなっていましたw

5

毎週日曜日は孤児院へ出向いて
子供たちのために奉仕活動を行います。

彼女たちにとっては異性と知り合う機会でもあり
男性たちの経歴に色めき立ちます。

6

一方、はなは異性に興味はなく
子供たちと遊ぶのに夢中でした。

7

そんな時、ある孤児の対応に困っていると
1人の男性がやってきて明るい笑顔を引き出しました。

8

「花子さん」と呼ぶその男性・北澤に
はなは「てっ」と驚くのでした。

9

以上、花子とアンの13話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ