花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 128話 新しい家族 もも再婚と朝市結婚


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 128話 新しい家族


旭のプロポーズを断ったもも。

1

しかし、芸術家気取りはやめて地道に働き
お金の苦労はかけないと旭は説得します。

2

ももはこの素晴らしい絵は
本当の私ではないと切り出し
夫を2年前に亡くした事や
北海道から逃げてきた事を話します。

3

旭は最初にタイムで会った時に
寝たふりをして話を聞いていた事を告白して
過酷な生活の中でも生き続けようとした
ももの強さに惹かれて
その気持ちを絵に込めたと告白します。

4

旭は自分にももを守らせて欲しいと
再度プロポーズするのでした。

5

1年後の夏、ももと旭は結婚しており
村岡家の近くに住居を構えて
旭は青凜社で働いていました。

6

ある日、朝市が生徒たちが書き溜めた綴り方を
本にして欲しいと依頼しに訪ねてきました。

7

朝市は花子がコドモの新聞で使っている
「ごきげんよう」の挨拶が
物真似する人が出てくる程
有名になっている事を伝えます。

8

花子が甲府に帰った時、ごきげんようの挨拶を
使った時には東京のお嬢様になった様で
寂しかったと懐かしみます。

9

だけど、花子が女学校で頑張っている事を知り
自分も頑張って教師になる事ができたと
改まってお礼を言います。

10

さらに、朝市は大事な話があると言って
教員仲間の妹と結婚する事を報告するのでした。

11

9月の半ば、ももと旭の間に
女の子の赤ちゃんが誕生します。

12

花子とアン 感想 128話 新しい家族


今日はおめでたい話題が続いて
見ていて楽しかったです。

旭は逆境にめげないももに惹かれた、
自分にももを守らせて欲しいと
男らしくプロポーズする姿に
好感を持った方も多いと思いますね。

そして、朝市も結婚を花子たちに報告。

幼な馴染みで腐れ縁で良き相談相手が
結婚するとあって泣き出す花子を観て
思わずもらい泣きしてしまいました。

最後にももが元気な女の子を出産。

こんな展開も良いですよねw

以上、花子とアンの128話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ