花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 124話 ラジオのおばさん誕生 ももが北海道から逃亡

11


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 124話 ラジオのおばさん誕生


ラジオのおばさんとしての
第一歩を踏み出した花子。

1

1週間後、北海道で暮らしているはずの
ももを連れて蓮子が村岡家を訪ねます。

2

結婚式で会って以来だと
喜ぶ花子と英治なのですが
どこか様子のおかしいもも。

3

蓮子はももが北海道の生活に耐えられず
逃げてきたことを説明します。

4

夫も1年前に亡くなり
北海道で花子のラジオ放送を聞いて
居ても立ってもいられなくなり
嫁ぎ先を飛び出したそうです。

5

蓮子の所に行ったのは北海道の船の中で
苦しい境遇に置かれている女性を応援する
記事を書いている作家のところに行けば
助けてくれるという噂を聞いて
花子の友達とは知らずに駆け込んだのでした。

6

話を聞いた英治と花子はももに
いつまでも居ていいと言いますが
どこか他人行儀のもも・・・

7

蓮子を見送る花子はももの事を
昔はニコニコ笑っている子だった。
もっと早く気づいてあげれば良かったと
ももの為に何ができるのかと話します。

8

蓮子は花子にももは話したがらないが
北海道での暮らしは過酷だった様で
夫が死んでからは親族に良い扱いを
受けていなかった様だと告げるのでした。

9

一方、「コドモの新聞」は好評の様で
花子宛に感想の手紙が送られてくるのですが
有馬は花子の砕けた話し言葉に否定的です。

10

ももは冷蔵庫やガスを使った台所に驚いたり
英治と一緒に花子のラジオ放送を聞きます。

11

翌日、連絡を受けた吉平とふじが村岡家を訪ね
ももと涙の再会を果たすのでした。

12

花子とアン 感想 124話 ラジオのおばさん誕生


挙動不審な目つきや目の下のクマ
そして花子たちにも他人行儀な様子が
ももの北海道生活を物語っており
思わず心を痛めてしまいました。

花子から知らせを受けて吉平とふじが
変わり果てたももと再会します。

ももの口からどの様に北海道での
悲惨な生活ぶりが語られるのか
明日以降の見所ですね。

以上、花子とアンの124話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ